印鑑の歴史

日本では日常的に重要な書類や、契約書には必ずといっていいほど印鑑を使用しています。しかし、世界全体でみると日本と韓国以外はサインでの認証が一般的となっており、近年では、印鑑は外国人観光客が日本のお土産に購入するなど日本独自の文化という興味の対象とされています。そのため以前よりも印鑑の持ち手部分や文字のフォーマットなどに新しいデザインを施し、さらなる広がりを見せています。そもそも印鑑の歴史は古く、紀元前7000年から6000年頃の中東の遺跡から発掘されており、紀元前5000年ころには古代メソポタミアでの使用も確認されています。

形もスタンプ型や円筒形など様々に変化し、用途は宝物品の護符から宗教性を持ち始め、認証、封印、所有権の証明等に使用され始めたことで権力の象徴として利用されるようになりました。その後、シルクロードを渡り紀元前4、5世紀ころに中国へ伝わっています。日本へは西暦57年ころに中国から送られた「漢倭奴国王」の金印が最古とされており、大化の改新後に、制定された律令に使用されたことによって広がっていきました。当初は公文書の一面に押されていましたが、次第に簡略化され中世の頃には署名の代わりに利用されていた記号や符号の花押のほうが主流となりました。

しかし近世頃の織田信長の「天下布武」にて印が使用されるなど、次第に復活し始め、江戸時代には行政書類や私文書にて印を押すことが習慣化され、印鑑帳も作成されました。明治に入ると、欧米にならって署名の導入なども議論されましたが、事務の煩雑さを減らすことができ自署よりも記名押印で事足りるということで制度が確立しました。市区町村の事務に印鑑登録制度が始められたのも、明治時代になります。このように、様々な歴史を経て印鑑は日本の文化として定着していきました。

▽特集
おしゃれなデザインの印鑑などを販売している通販サイトです > 印鑑 通販